会員からの情報

会員のみなさまによる、自社情報の告知です。
「新規情報の掲載」から情報をご登録できます。
新規情報掲載はこちら(会員ログイン)

1〜10/241件
OCH、マルチSIMルーターを活用し、 IT運用管理をリモートで実現するサービス「Remote Rack」をリリース
投稿者:OCH
  
2023-02-01
OCH株式会社(本社:沖縄県那覇市 代表者:代表取締役 渡嘉敷 唯昭 以下、弊社)は、株式会社CASO(本社:東京都千代田区神田司町2-7-2 代表者:代表取締役 武田 和広 以下、CASO)が提供するマルチSIMルーターを活用したIT運用管理をリモートで実現するサービス「Remote Rack」を2月1日よりサービス開始いたします。

1. 背景
2020年のパンデミック以降、様々な業種でリモートワークを必要とする場面が増えている一方で、企業の情報システム部門や、データセンター、工場等のIT運用管理業務(MSP)は遠隔からの制御が難しい事やセキュリティ対策の課題があり出社して業務を行わざるを得ないのが現状です。これまでMSPとクラウドサービス事業を展開してきた弊社は、この課題に対し、CASOが提供するPeplink社(以下:Peplink)のマルチSIMルーターに活用し、ラックやオフィスに存在するあらゆるIT機器をWebブラウザ上で管理し、簡単かつセキュアなリモート接続でIT機器の運用管理が実現できる「Remote Rack」サービスを開発いたしました。これにより、IT運用業務のリモート対応を加速でき、作業者の負担を劇的に減らすことができます。

2. 特徴
Remote Rackは「リモート対応」の概念を刷新します。これまではリモート接続専用の有線回線・機器の導入や、ネットワーク設計、外部アクセス許可等、環境に応じた対応が必要でしたが、Peplink提供のマルチSIMルーターを活用したサービス環境を実現することでお客さま側での環境準備が一切不要となります。
このルーターはマルチキャリアSIM対応で携帯通信でも有線環境と同等の常に安定した接続が確保できます。また、既存のネットワーク環境とも分離できるため、既存環境のセキュリティは保持しながら、リモート対応専用のネットワーク環境を簡単かつスピーディに導入できます。
これまではリモート対応の際は、作業者が機器毎や設置場所、通信環境等に応じて専用の端末や管理画面を使い分ける必要がありましたが、Remote Rackなら全ての機器をWebブラウザで一元管理することができ、接続からリモート作業までをワンストップで対応可能となります。これまで課題であった現地駆け付けが一切不要になるだけでなく、リモート対応に関する様々な課題を一気に解決し、新たな働き方を実現することができます。
その他サービスについて詳しくは、https://remoterack.och.co.jp をご覧ください。

3. 今後の展開
全国のSIM提供事業者との連携を強化したサービス展開を目指して参ります。また沖縄県の離島や山間部などのインフラ整備に不安のある地域でのIT運用環境の改善を支援いたします。更に、CASO、Peplinkとの協業を強化し全国への販路拡大を目指します。

OCHについて
データセンター運営や自社クラウド基盤の運用、システムインテグレーション、MSPで培ったノウハウを活かし、各種ソフトウェアサービス(SaaS)、システムインフラ(IaaS)、アプライアンス製品のご提供まで、幅広いプロダクトサービスを全国規模で展開しております。詳しくは、以下をご覧ください。
https://www.och.co.jp

本件に関するお問い合わせ
OCH株式会社
Remote Rack 担当者
E-mail: remoterack@och.co.jp TEL: 098-860-0203

※本コンテンツに記載されている社名及び製品名等は、各社の商標または登録商標です。


参照URL:https://www.och.co.jp
ウェビナーのお知らせ「Box, OneDrive/SharePointの機能比較と選び方」
投稿者:サイエンスパーク
  
2023-01-30
ここ数か月で、クラウドストレージサービス「Box」に関するお問い合わせを多くいただくようになりました。
その際によく比較対象として挙がるのが、Microsoft365に含まれるOneDrive/ShaprePointです。
本セミナーでは、OneDrive/SharePointとBoxの機能面、使用感に関する具体的な比較を行いながら、両社の違いやメリット、デメリットについてご説明いたします。
また、クラウドストレージは一時ファイルが利用者の端末(エンドポイント)に残る仕様となっており、これによって端末紛失時、あるいはマルウェア感染時に情報漏えいが起きるリスクを抱えています。安全かつ低コストにクラウドストレージ利用時のセキュリティ課題を解決するサイエンスパーク社の情報セキュリティ製品「CFKeeper」についてもご紹介する予定です。

(本ウェビナーは、2022年12月に実施した内容に情報を追加したものとなります)

下記URLからどうぞお気軽にお申し込みください。
農泊ツーリズムモニターツアーのご案内
投稿者:シー・シー・ダブル
  
2023-01-19
山梨県北杜市の「白州地域農泊推進協議会」主催にて、
法人向け農泊ワーケーションモニターツアーを企画いたしました。
今回すべてモニター価格となっております。

(当協議会は、CCWが事務局を務めております山梨NPO法人
 (山梨ICT&コンタクト支援センター)が活動に参加しております)

<テーマ>
心身の健康をつくるウェルネスツーリズム&ワーケーション in 白州

【日程】 2023/2/10(金)~11(土)

【参加費】 7,000円(一人当たり)
     ※ 現地までの交通費は別途ご負担ください。

【募集人数】 若干名

【お問い合わせ&お申込み】 yict@ccw.co.jp

【締め切り】  1/27(金)
※先着順受付。定員となり次第締め切りとさせて頂きます。

【行程】

2/10(金)
 10:15 集合/受付  JR小淵沢駅改札前
 10:40-11:50 ボルダリング体験
 12:20-13:00 昼食
 13:10-14:30 増冨温泉にて入浴
 15:30頃      白州・尾白の森名水公園べるが 帰着
              簡易ワーク
 18:30-19:30 夕食(べるが園内にて健康食をテーマに)
 夕食終了後、フリータイム

 宿泊:べるが 森の宿泊棟 / 食事:朝×、昼○、夜○


2/11(土)
  7:45- 8:30   朝ヨガ体験
  8:50- 9:40頃  ボックス朝食(各お部屋にて)
 10:45        チェックアウト/マイクロバスにて出発
 11:30-13:30  自元寺にて 座禅(写経)&精進料理体験
 1400-15:00   サテライトオフィス視察
                (道の駅こぶちざわサテライトオフィス)
              道の駅にてお買い物
 15:15頃       JR小淵沢駅にて解散

  食事:朝○、昼○、夜×



お申し込みをお待ちしております。

MCPC 第13回IoTシステム技術検定[基礎]のご案内
投稿者:モバイルコンピューティング推進コンソーシアム
  
2023-01-06
-----------------------------------------------------------------
第13回 IoTシステム技術検定[基礎]
-----------------------------------------------------------------
IoTシステム技術検定は、IoTが産業と社会に新たなインベーションをもたらす
ことが期待されるなか、IoTビジネスにかかわる方々を対象に設けられた制度です。

[基礎]検定は、IoTシステム構築・活用に関するきっそ知識を中心にその習熟度を
検定することで、IoTシステムに取り組む技術者の対応力の向上を目的としています。

◆実施日程 期間中~2023年1月27日(金)まで
◆申込期間 受付中~2023年1月20日(金)まで
◆試験会場 全都道府県
         https://cbt.e-ntk.co.jp/top/testcenters/
◆受検料   11,000円(税込)
◆試験時間 60分(4者択一:60問)
◆受検要項 https://www.mcpc-jp.org/iotkentei/kentei_msg_kiso/#tab02
◆お申込み https://www.mcpc-jp.org/license/entry/
◆対応テキスト IoT技術テキスト 基礎編(第3版)
 https://www.mcpc-jp.org/license/text/#tab02
 ※当日ご持参いただきます

【お問合せ】MCPC検定事務局
 E-mail:msec@mcpc-jp.org
 ※10:00~12:30/13:30~17:00土日祝祭日、年末年始休暇除く

【検定最新情報】 https://www.mcpc-jp.org/license/

皆様からのお申込みを心よりお待ちしております。

以上
MCPC 第11回ワイヤレスIoTプランナー検定[基礎]認定研修のご案内
投稿者:モバイルコンピューティング推進コンソーシアム
  
2022-12-22
-----------------------------------------------------------------
◆第11回 ワイヤレスIoTプランナー検定[基礎]認定研修
-----------------------------------------------------------------
本検定は、ユーザー企業等においてワイヤレスを活用したIoTシステムの
利活用を目指す方々に、IoTの入門から実務応用までの基礎知識を習得して
いただくために設けた、総務省後援の検定資格制度です。
活用事例などを織り込んだ「資格認定研修」と「理解度テスト」で構成された
検定となります。

◆実施日程 2023年2月4日(土)
◆申込期間 受付中~2023年1月13日(金)
◆試験会場 東京(機械振興会館)http://www.jspmi.or.jp/about/access.html     
◆受検料  22,000円(税込)
◆試験時間 30分(4者択一:30問)
◆受検要項 https://www.mcpc-jp.org/wip-kentei/kentei_msg_kiso/#tab02
◆お申込み https://www.mcpc-jp.org/license/entry/
◆対応テキスト
 ワイヤレスIoTプランナーテキスト 基礎編 第2版
 https://www.mcpc-jp.org/wip-kentei/text.html
 ※当日ご持参いただきます

【お問合せ】MCPC検定事務局
E-mail:msec@mcpc-jp.org
※10:00~12:30/13:30~17:00土日祝祭日、年末年始休暇除く

【検定最新情報】 https://www.mcpc-jp.org/license/

皆様からのお申込みを心よりお待ちしております。

以上
ウェビナーのご案内「OneDrive/SharePointとBox、何が違うのか」
投稿者:サイエンスパーク
  
2022-12-07
今やデジタル化の推進に欠かせなくなったクラウドサービスにおいてもセキュリティを遵守した運用が求められており、ISMAP(Information system Security Management and Assessment Program)と呼ばれる制度に基づいたクラウドサービスリストの中から調達を行うことが原則となっています。
その中でクラウドストレージとして登録されているサービスである「OneDrive/SharePoint」と「Box」にはどんな違いがあるのか?というお悩みの声をよく聞くようになりました。本セミナーでは、OneDriveとBoxの比較を行いつつ、クラウドストレージのセキュリティ確保に最適な方法についてお話します。
また、クラウドストレージは一時ファイルが利用者の端末(エンドポイント)に残る仕様となっており、これによって端末紛失時、あるいはマルウェア感染時に情報漏えいが起きるリスクを抱えています。安全かつ低コストにクラウドストレージ利用時のセキュリティ課題を解決するサイエンスパーク社の情報セキュリティ製品「CFKeeper」についてもご紹介する予定です。
「採用リスクを回避するための採用適性検査TAL活用術」
投稿者:ビビッド・ジャパン
  
2022-11-30
「平均14%出現すると言われる不適性者を採用しない為に採用適性検査を導入している企業は多い。しかしながら現在、多くの企業で利用されている検査は性格や能力などの検査が主流で資質を診ているわけではないことと、「模範解答」など分析された内容通りに回答されているケースが多くなっている。どうしてそうなってきているのか?
・設問がどう回答するとよく見えるかが想像できてしまう、心理学ベースの検査であること
・コロナ禍により自宅受検が多くなる中、模範解答が出回っている検査が多く、丸写しになること
今回、ご紹介するTALは脳科学、統計学をベースにした検査です。この検査は
・これまでの心理学ベースの検査とは異なり、設問に対する模範回答を想像できない。
・模範解答がない。(存在はしているが、心理学分析されていて意味がない。)
本セミナーでは採用リスクとは何かについてご紹介し、その対策としての適性検査TALの活用法をJCSSA会員様対象の特別な内容でご紹介します。
開催日時:2022年12月14日 16時~16時45分
詳細・申し込みは https://www.vivid-japan.co.jp/tal-semminar/
【ワンビ】 総務省のガイドラインに準拠したPCセキュリティのご紹介!
投稿者:ワンビ
  
2022-11-21
~15分で解決!PC紛失してもこれなら安心!~

時代が変わっても無くならない情報漏えい事故。
ニューノーマル時代の働き方としてハイブリッドワークが注目を集めていますが、生
産性維持や勤怠管理、ウイルス対策だけではなく、オフィス以外の様々な場所で仕事
をすることから、PCの紛失・盗難時の情報漏えいを防ぐ対策が重要になります
す。
今回のセミナーでは、たった「15分」でお悩みが解決!総務省セキュリティーポリ
シーガイドラインに準拠しているPCの盗難・紛失時から廃棄・リース返却時の情報漏
えい対策をご紹介いたします。

日程 2022年12月15日(木)
配信時間 16:00~16:20
セミナー形式 オンラインセミナー
申し込みページ
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_FmLX9HDHQWCjNj1fCbwpfg
ADEC データ消去技術の活動報告
投稿者:ワンビ
  
2022-11-18
 ~ 企業・自治体の現状と消去認証ソリューションの紹介 ~

ADECデータ適正消去実行証明協議会における消去技術認証基準委員会は、地方自治体、企業、団体にてクラウド環境の調達指針に基づく取組を円滑に実施できることを目的として、データのライフサイクルの終了までを考慮した調達が実施できるように啓もう活動を日々、行っております。
データ消去技術、設計・開発、ハードウェア、保守及び運用に係る技術情報を取りまとめ、具体的に説明する機会として、本セミナーを企画しました。
これまで、認証基準にかかわってきた講師から、 実践事例も含めてお話をいたします。ぜひとも、ご参加下さい。

 □ 開催日 : 2022年12月6日(火)13時~15時
 □ 詳細・申込:https://adec-cert.jp/news/detail.php?no=1667783653
MCPC 第10回ワイヤレスIoTプランナー検定[基礎]CBT のご案内
投稿者:モバイルコンピューティング推進コンソーシアム
  
2022-11-12
MCPCから 第10回ワイヤレスIoTプランナー検定[基礎]CBTのご案内です。
-----------------------------------------------------------------
◆第10回 ワイヤレスIoTプランナー検定
-----------------------------------------------------------------
本検定は、ユーザー企業等においてワイヤレスを活用したIoTシステムの
利活用を目指す方々に、IoTの入門から実務応用までの基礎知識を習得して
いただくために設けた、総務省後援の検定資格制度です。

◆試験期間 2022年11月25日(金)~12月26日(月)
◆申込期間 2022年11月11日(金)~12月19日(月)
◆試験会場 全都道府県:https://jjs.co.jp/testcenter/      
◆受検料  13,200円(税込)
◆試験時間 60分(4者択一:60問)
◆受検要項 https://www.mcpc-jp.org/wip-kentei/kentei_cbt_kiso/#tab02
◆お申込み https://www.mcpc-jp.org/license/entry/

【お問合せ】MCPC検定事務局
E-mail:msec@mcpc-jp.org
※10:00~12:30/13:30~17:00土日祝祭日、年末年始休暇除く

◆検定最新情報 https://www.mcpc-jp.org/license/

皆様からのお申込みを心よりお待ちしております。

以上
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 次のページ >>